2017年7月4日火曜日

Anisong World Matsuri 6月30日をレポ(後編)!デレマス、WUG、Walküre、Aqoursが登場!

こんにちは!
Moke10です!

3回に分けてレポさせていただきましたAnidong World Matsuri。本日が最終回となります!
前編の記事を確認したい方はこちらからご確認ください!
中編の記事を確認したい方はこちらからご確認ください!


今回の記事はラストのアーティスト、そしてエンディングまでを書いていきます!

セットリストの紹介をしている記事はこちら!




2017年6月30日

Anisong World Matsuriレポ!(後編)



  1. 大トリはAqours!
    1. 人気のヤバさ!ステージへの入り方はライブ映像と同じでした!
    2. 自己紹介はコール安堵リスポンスではなかったが、大盛況!
    3. 9人では初のロスライブだそうですよ!
  2. 最後は4組全員登場!
    1. シンデレラガールズは佳村はるかさんがコメント!
    2. Wake Up, Girls!は吉岡茉祐さんがコメント!
    3. Walküreは鈴木みのりさんがコメント!
    4. Aqoursは伊波杏樹さんがコメント!
  3. まとめ



大トリはAqours!

Walküreが終わり、しばしの休憩。でもものの1分ほどで次のアーティスト発表!そしてもちろんみんなわかっており、そしておそらく待ちに待ったグループだと思います。そう!「ラブライブ!サンシャイン!!」で主役を務めるアイドルユニット、Aqoursです!!!

【人気のヤバさ!ステージへの入り方はライブ映像と同じでした!】

観客のテンション上がりっぷりがすごいです!さすがAqoursと言うべきか!そしてやはり大トリというのはまたテンションが高まりますしね!

登場の仕方が、なんといつものライブをする際と同じ入り方だったんです!まさかこれを生で見れると思わなかったのです!今回購入したAqours専用のペンライトがまさに役に立ちます!オレンジから順番に色を変えられるので、しっかりとキャラクターに合わせてペンライトの色を変えられました!

各メンバーが登場して、一人一人に全員が盛り上がってましたね!そして全員メンバーが登場したら、もちろん曲は「青空Jumping Heart」!

【自己紹介はコールアンドリスポンスではなかったが、大盛況!】

この「青空Jumping Heart」はライブ前に流れており、みんなこれで練習してましたね。ちなみに僕がライブチケットを取りに行く途中の駐車場で20人くらいが練習してたのを見て、僕は圧倒されてました。

でもライブになればそんなこと吹き飛んで、もう会場一体となって掛け声ですね!そして改めて「青空Jumping Heart」は良いオープニングだったと認識しました!

一曲目が終わり、トークに入りました。ここで、各メンバーの自己紹介!この自己紹介なのですが、いつもだと各メンバーでコールアンドレスポンスがあり、それを結構ワイフと練習しておりました。よし!本番だぞ!

と思いきや、おそらくAqoursを知らない人もいるであろうということか、アメリカなのでコールアンドレスポンスの部分が知名度がないかもと言うのがあったのでしょうか。コールアンドレスポンスはありませんでした!

でも、各メンバー「Call me (あだ名)」みたいな感じで言ってくれて、その後ミンであだ名を呼ぶというコールアンドレスポンスがあったので、これはこれでアメリカでしかないコールアンドーレスポンスなので本当に良かったです!

トークでは桜内梨子役の逢田梨香子さんと松浦果南役の諏訪ななかさんがトークの日本語を英語に訳してみんなに伝わるようにしてくれました!観客へのサービスが素晴らしすぎる!そしてきれいな英語で素敵でした!

そしてトークが終わり、次の曲がスタート!「きみの心は輝いてるかい?」です!Yesと答えるさ!って感じでしたね!もう輝きまくりですよ。始めの部分とサビが本当に好きなんですよねこの曲。

そしてすかさず次の曲。来ました!!!Aqoursのこの曲を聞きに来たと言っても過言ではない僕のAqoursで1番好きな歌!「恋になりたいAQUARIUM」です!Youtubeで始めてみた時から釘付けでしたね。スクフェスではこの曲メッチャやってます。未だExpertが難しい…

正直このライブ映像は見ていなくて、今回が初めてのライブで、アニメとのダンスと全く同じ(当たり前ですが!)で本当にテンションが上りました。僕はライブがやっぱり好きと認識しました!全体が見れて本当に楽しめました!

【9人では初のロスライブだそうですよ!】

「恋になりたいAQUARIUM」が終わり、2回目のトークへ!ここで僕は知らなかったのですが、9人全員でのロスのライブは初めてなのだそうです!去年来ていたのは知っているのですが、そのときは6人だけだったそうです。渡辺曜役の斉藤朱夏さん、津島善子役の小林愛香さん、小原鞠莉役の鈴木愛奈さんの3人が去年は不参加だったようです。

今回は9人全員で見られて本当に良かったです!本当に来てくれてありがとうございます!って感じです!

そして、なんとラスト2曲を宣言されてしまいます!ノー!本当に終わりは早いですね。安定の「えー!」回答。そして、次の曲はアニメの第13話でAqoursが聞かせてくれた「MIRAI TICKET」!バックには第13話の映像が流れながら、ステージではAqoursの皆様が!なんとまあ!最高ですね。あの0名が1名になる瞬間を見て、なんかアニメの時よりも感動しました。

最後の曲はすぐに来てしまいます…悲しい!そしてこの曲は「恋になりたいAQUARIUM」の次に好きな曲。「ユメ語るよりユメ歌おう」です!アニメのエンディングですね。これもライブ映像を見たことがないので、本当にうれしいです!

この曲のちょうどサビの部分で、アニメでポンポン持ちながらみんなが並んでいるシーン、まさかの再現してくれました!ポンポン持って!これはすごいなんか感動ですね!やっぱりあのシーン結構印象的ですし、まさかここを再現してくれるとは!って感じでした!そして、本当にいい歌です!

このライブ全ての曲がとうとう終わってしまいました…!




最後は4組全員登場!


全員が終わって、Aqoursで閉まるのかと思いきや、まさかのAqoursの皆さん、他3組の皆様も呼んできてくれました!!!わーーー!嬉しすぎる!

まさか、デレマス、WUG、Walküre、Aqoursの4組が並んで全員見れるとは思っていなかったので…みんな仲が良さそうな感じでしたよ!(まあ勝手に思っただけですが…)そしてそれぞれのグループから代表でコメントをしてくれました!

【シンデレラガールズは佳村はるかさんがコメント!】

デレマスは城ヶ崎美嘉役の佳村はるかさん!全国日本にいるプロデューサーに会いに行くというコンセプトでこの時全国公演中というすごく忙しいデレマスの皆様!言ってくれたコメントが本当に嬉しかったです。「アメリカにいるプロデューサーにも会えて本当に良かったです!」と!

本当にこのときほど346のプロデューサーやっててよかったと思ったことはないですね。もう引き続きデレマスどんどん応援していきます!

【Wake Up, Girls!は吉岡茉祐さんがコメント!】

WUGからは島田真夢役の吉岡茉祐さん!「こんばんWUG!」から始まり、本当にアメリカでのライブが楽しかったと言ってくれました!僕はもう完全にファンになりましたので!買えるタイミングでアルバム勝手しまおうと思います!

そして、2017年にWUGのアニメがスタートするので、そちらもガッツリチェックしていきますよ!アメリカではCrunchy Rollで流れるはずですので、アメリカにいる方々はここでチェックです!

【Walküreは鈴木みのりさんがコメント!】

Walküreからはフレイア・ヴィオン役の鈴木みのりさん!ここでも本当に楽しそうにコメントをくれました!もう鈴木みのりさんを見ると「をーうおーうぉうぉをー」って言いたくなる症候群にかかってしまった感じです。

ちなみにJUNNAさんはまだ16歳以下ということで、午後10時以降に働いてしまうと違法になるため、残念ながらこの挨拶には出られませんでした。でも彼女もメッセージで楽しいステージだったと言ってくれました!

お二人とも本当に若いのに素敵な歌声本当に有難うございました!「をーうおーうぉうぉをー」!

【Aqoursは伊波杏樹さんがコメント!】

最後はAqoursから高海千歌役の伊波杏樹さんからコメント!2年目ですが、9人で立つステージはまた良かったとのこと!観客のみんなも9人全員のステージを見ることができて本当に幸せでした!!絶対みんなそう思っているはず!

ラブライブ!サンシャイン!!も2017年秋から第2期がスタートするようですので、これもまた楽しみのアニメの一つです!あの1名が追加されてからどうなったのか…本当に続きが気になっておりました!そして、また素晴らしい楽曲を楽しみにしております!!!



上には書きませんでしたが、4組のグループ全員言ってくださった事がありましたので、ここにまとめて書いておきます。またロスに戻ってきたいということです!本当にうれしいです!アメリカにいる僕としたら!是非またロスでライブしてください!見に行きます!



まとめ


まあまず言えることとしたら、本当に最高のライブでした!なんかすでに4日ほど経っているのに興奮冷めやらぬと言った感じです。

本当に良かった点はおそらく下記だと思います。

今回参戦していた観客は本当に様々なところからこのライブを見に来ています。そして、みんなそれぞれ押しグループも違ったりしていると思います。

でも国が違えど、言語が違えど、みんなこのライブを楽しむということの目的が一緒でした。ライブのメンバーが発表された時に知らないグループも絶対いたと思います。僕もそうでした。でも皆さんしっかりと勉強してきて、100%グループを知らなくても、100%楽しんでいたと思います。この共有点こそがこのライブがすごく楽しく感じた理由ではないかと思っております!

そして何より、誰も怪我せず何も問題なくライブが終了したことが本当に嬉しかったですね!そして参加されたアーティストの皆様も無事帰国されたようで本当に良かったです。

なかなか、このように4組一気に見ることのできるライブはないので、本当に参加できてラッキーでした。Anime Expo 2017、本当に有難うございます!そしてライブに来てくださった4組のグループの皆様も本当に有難うございました!

当分はこのライブのことで、僕はもちきりだと思います…また来年もこんな感じのライブがあるといいなぁ!そしたら必ず参加したいと思います!

2017年6月30日に行われたAnisong World Matsuri ~Japan Kawaii Live~のレポはこれにて終了です!拙い文章能力で伝わりきれていない部分も多くあったかと思いますが、ちょっとでもライブの情報を多くの人に伝えられたらなと思って書かせて頂きました!前編、中編、後編と全て読んでいただいた皆様本当にありがとうございます!



本日は以上となります!読んでいただきまして誠にありがとうございます!また明日もよろしくお願いいたします!

Moke10




ブログランキング参加してます!「面白い!」と思ったら是非クリックを!
ブログランキング・にほんブログ村へ

0 件のコメント:

コメントを投稿